Oct
19

<番頭通信>今月の拵え:『藤娘』

名古屋金山での錦秋顔見世公演も、残り一週間となりました。

今月は『藤娘』藤の精、『俊寛』海女千鳥、
『浮世柄比翼稲妻』では葛城太夫/お国/茶屋女房と、一日に四役を勤めています。


20151019blog.jpg

コメント(3)

先日のトークショー楽しませていただき
ありがとうごさいました!
藤娘もお綺麗でした(〃'▽'〃)

舞台の雰囲気が良くわかります。
お顔にライトが来て、浮かび上がるよう。
この画像、いいですね!。

今日11月8日、国立劇場での舞台を拝見し非常に感動しましたのでコメントを書きます。この欄は10月の日のところなのですが現在の最新なので。
二役されていましたが、大詰めは、芝雀さんのそれはそれは迫真の演技に観る側は引き込まれました。いろいろなお役に成りきられる=観る側を引き込むところは何時もすごいと感動します。
歌舞伎をみせていただく醍醐味はこういうものだなあと、同行の母と感想を話ながら帰りました。
素人なのでよくはわかりませんが、今月は、非常に体もお使いなのではないでしょうか。東京の公演は必ず拝見していますので、これから寒くなりますがどうぞ体も大事にされ、おつとめくださいますよう。ありがとうございました。

コメントする

このブログ記事について

このページは、番頭が2015年10月19日 22:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「<番頭通信>『みんなの漢字』『月刊なごや』」です。

次のブログ記事は「神霊矢口渡 お舟役」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。