Oct
03

<番頭通信>「錦秋名古屋顔見世」まねき上げ

今月は「錦秋名古屋顔見世」公演に出演いたします。
会場となります日本特殊陶業市民会館にて、昨日「まねき上げ」が行われました。


出演俳優の名前を書いた看板を掲げる「まねき上げ」は名古屋の秋の風物詩。
縦1メートル60センチ、横50センチの木製のまねき27枚が玄関前にお目見えしました。20151002blog01.JPG

20151002blog03.JPG

20151002blog05.jpg

清めの塩をまき、公演の成功を祈願いたしました。
青空の下、たくさんの皆様においでいただきまして、ありがとうございました。

「錦秋名古屋顔見世」は本日初日です。皆様のご来場をお待ちしております。

コメント(1)

「錦秋名古屋顔見世」、拝見させていただきました。
「藤娘」藤の精、「俊寛」千鳥、「浮世柄比翼稲妻」では三役。
藤の精はきっちりと踊られていました。
千鳥はけなげで。
三役は気が張って抜けるところがなかったのでは。
どのお役も楽しませていただきました。

コメントする

このブログ記事について

このページは、番頭が2015年10月 3日 09:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スーパームーン」です。

次のブログ記事は「<番頭通信>『みんなの漢字』『月刊なごや』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。