Mar
26

<番頭通信>襲名披露記者会見とスチール撮影

先日、「中村芝雀改め五代目中村雀右衛門襲名披露記者会見」を行いました。

20150324記者会見blog01.JPG


緊張感もありながら終始和やかな雰囲気で、
質疑応答・写真撮影の後はあたたかな拍手をいただいて終了しました。


また、記者会見に先立ちまして、口上写真を篠山紀信先生に撮影していただきました。
京屋の拵えを、お父様の写真を参考に細かくチェックしながら整えました。

20150320スチール撮影blog01.jpg


撮影はスムーズに終了。
篠山先生に記念撮影をお願いしたところ、笑顔でポーズしてくださいました。

20150320スチール撮影blog02.jpg


コメント(8)

芝雀様

襲名おめでとうございます。
スチール写真撮影といよいよ襲名に向かって始動ですね。
お忙しくなられますがお体お気をつけください。

来年の襲名公演のお役を三姫をはじめとして、
あれもこれもと想像して発表を楽しみにしております。

番頭様もこまめな情報をお知らせいただきありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

芝雀様

  ご襲名 心よりお祝いを申し上げます!

 記者会見での落ち着いたお話ぶりに雀右衛門の名跡にふさわし

い風格を感じました 本当に嬉しく思っております

口上のお写真とても素敵でしたが篠山紀信さんだったのですね

名実ともに日本一のお姫様を拝見できるのを楽しみしています  

京屋の御一門の皆様と共に襲名興行に向けてお元気で頑張って下

さいますようお祈りしております

 

ご襲名おめでとうございます。
初コメントです。歌舞伎はここ数年しかみていない新参者ですが歌舞伎座にいかないときでも毎日のように歌舞伎TVをみております。このHPには先代雀右衛門さまと富十郎さまの二人椀久をCDで拝見、京屋さまに興味をもちたどりつきました。もちろん芝雀さまの演技は歌舞伎座で中村吉右衛門さまのお相手役で何度も拝見させていただいております。先月も番町皿屋敷を拝見いたしました。本当におめでとうございます。これからも歌舞伎の発展のためにご自愛なさってがんばってくださいませ。おめでとうございます!!

おめでとうございます。応援してますよー^_^

今日昼の部伺います!!

雀右衛門名跡襲名の発表をお聞きしまして、大変うれしく思いました。
これも芝雀さんのお人柄と常日頃のご努力もさることながら、美しくしっかり者の奥様を始め、京屋一門一丸の結果だと思います。
襲名披露公演開幕まで、体調にご留意していただきたく思います。
篠山紀信先生とのツーショット、良いですね~。

芝雀さん、ご襲名おめでとうございます(^^)
私も初めてのコメントで正直ドキドキしております。
「助六由縁江戸桜」で芝雀さんとお父さまの雀右衛門さんが共演されているお姿を歌舞伎名作選のDVDで拝見して以来、お二人の芸に魅了され、芝雀さんに一目惚れしてしまいました。
まだ歌舞伎初心者で、それほど歌舞伎に詳しくありませんが、これからはもっと歌舞伎座で芝雀さんの五代目雀右衛門さんのお芝居をみに足を運んでいきたいと思います♪
これからも、体調に気をつけてお芝居をがんばってください(*^^*)

3月歌舞伎「菅原伝授」の夜の部に行くとき、ばったりと道で芝雀さんを見つけて「あっ、芝雀さんだ~」と喜んで声をあげてしまった者です。ご出演の昼の部ももちろん見ました。「あー、もう1日後だったら”ご襲名おめでとうございます”って言ったのに~。。」
歌舞伎は3年前位から見だして、毎月3-4回は行っています。芝雀さんは、お姫様の役も、勧進帳の義経も、巫女も、大磯の虎も、傾城反魂香のおとくも、、、いろいろな役で印象に残りすごいなあといつも思っていました。国立劇場で買った入門書「歌舞伎の本」にも12代目團十郎さんとともに、芝雀さんが載っておられ、知っている俳優さんが載っているとうれしいものです。
お父様の本も買って読みました。バイクに乗られてかっこいいし、舞台での女形の美しさはぴか一ですごいなあと、私は舞台を見ることができなかったのですが興味がわいて、楽しく読みました。
芝雀さんのブログも楽しく見せていただいています!
どうぞ、くれぐれもお体をいたわられ、次は雀右衛門さんのお名前でファンに楽しい舞台を見せ続けていただくよう。4月ももちろん観に行きます。

襲名おめでとうございます。
いろいろご苦労あるかとおもいますが、芝雀さんらしさで、乗り切ってくださいね。応援しています。

コメントする

このブログ記事について

このページは、番頭が2015年3月26日 00:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「襲名が決まりました」です。

次のブログ記事は「<番頭通信>4/3(金)放送!NHK E-テレ『にっぽんの芸能』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。