Jan
15

番町皿屋敷のお皿

L1000620.jpg

今月、番町皿屋敷にてお菊を勤めさせて頂いて居ります。
お菊は芝居の中でお皿を割りますが、其の後、台詞にて「皿が真っ二つ」と有り、
出来ます限り綺麗に二つに割れる様、小道具さんに工夫をして貰っています。
おかげ様でここ二日、綺麗に二つに割れて居り、ホッとして居ります。

コメントする

このブログ記事について

このページは、中村芝雀が2015年1月15日 23:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ビーズの花籠」です。

次のブログ記事は「モデル市川門之助さん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。