Nov
10

<番頭通信>今月の拵えです


今月、芝雀は12年ぶりに顔世御前を勤めさせていただいておりますが、今回、衣裳の掛けを新調させていただいております。

201311顔世正面2.JPG

柄の立涌は基本の柄ですが、そこに散らす模様は、女形さんの好みによって作ることができるとのことで、今回はスタンダードな様々な花の丸文様を大きめに入れさせていただいたそうです。

デザイン監修は京妙さんです。

201311顔世背面2.JPG

コメント(4)

 番頭通信ありがとうございました

本当に素晴らしいお衣装ですね・・・・

ご説明も伺えて嬉しいです

今月 拝見できるのを楽しみにしております

絶世の美女のお役にふさわしい、鮮やかなお衣装ですね。

芝雀さまの意気込みを感じます。

色が鮮やかですね。
柄もきれいです。
舞台で映えると思います。
観劇が待ち遠しいです。

本日、歌舞伎座夜の部で、芝雀さまのおかるを拝見させていただきました。

何と言っていいか・・・
感動で言葉もございません。
本当にすばらしい。

福助さまご心配ですね。
どうかどうか、芝雀さまもお体ご自愛くださいますよう、お祈り申し上げております。

コメントする

このブログ記事について

このページは、番頭が2013年11月10日 18:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「歌舞伎座の今昔」です。

次のブログ記事は「火の用心」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。