Mar
14

たくさんのお悔やみありがとうございました

IMG_0517.jpg
 
このたびは、皆様からのたくさんのお悔やみを頂戴し、大変遅く成りましたが、この場を
お借りしまして御礼申し上げます。

3月南座もようやく中日を迎え、父の訃報からようやく少しずつ日常が戻って参りました。
今月は奇しくも父のあたり役、熊谷陣屋の相模を演じさせていただいております。
毎日、父から伝えてもらった教えを噛み締めながら勤めております。
また、俊寛の千鳥も父が長らく勤めたお役です。私が初役の時、父から教えてもらった事を
思い出しながら、毎日勤めて居ります。

<お知らせ>
相模については、歌舞伎モバイルにても取材をしていただきましたので、是非ご覧
くださいませ。
また、兄も父についてコメントをホームページにて語っておりますので、ご覧くださいませ。

コメント(1)

芝雀様


ご多忙の中ブログと南座・相模のお写真を有難うございました

お写真からは微塵もその気配を感じませんが

雀右衛門丈ご逝去前後は東京・京都での ご公演の最中で 

どんなにか お疲れだったことでございましょう
 

兄上様 大谷友右衛門丈のホームページ歌舞伎モバイルでの芝雀様

のインタビュー拝見させていただきました
 
最後にお父上様と心が通じたという一言に計り知れない

芸道の厳しさを感じましたが

きっと雀右衛門様もお二人の後継者に見守られてお心安らかに

逝かれたこととご拝察いたしております


昨晩はNHK「にっぽんの芸能・花鳥風月堂」で芝雀様を拝見し

ました

短い時間でしたが「菅原伝授手習鑑・寺子屋」

素晴らしいせりふまわり 凛とした美しい戸浪でした!

昨春のこんぴら歌舞伎を思い出します

 
 今宵は京都でお食事会ですね 

参加させていただきたかったのですが都合がつかず残念です 

一段と磨きのかかった相模も拝見できませんが昨秋の博多座で

の芝雀様を思い出して我慢いたします・・・


 

いつまでも寒さが残りますが どうかご自愛下さいますように


最後になりましたが あらためて雀右衛門様のご冥福と

友右衛門様・芝雀様ご兄弟 明石屋 京屋の一門の皆様の益々

のご活躍をお祈り申しあげます


 追伸 尾上松禄様のホームページでも雀右衛門様の思い出にふれ

られていました 芝雀様もいつも小さな方にも お優しいので 
オーバーラップするようで 心がうたれました


コメントする

このブログ記事について

このページは、中村芝雀が2012年3月14日 22:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お悔やみコメントについて」です。

次のブログ記事は「京都祇園 Spaghetteria Yasaka」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。