Dec
03

本日元禄忠臣蔵の初日迎えました

本日初日を迎えました。お浜御殿でお喜世、大石最後の一日ではおみのの両役とも以前勤めて居りますが、父も何回となく勤め評判の役、
少しでも父同様ご覧頂いた皆様に感動して頂けます様、勤めて参ります。

L1023440.jpg

無事、舞台が終わり、戻りましてから知り合いの美味しいフレンチに行きました。
場所は笹塚にあります。
何を戴いても美味しいのですが、私の好きなメニューはクスクス! 最高です!!
オーペシェグルマンのシェフの吉澤さんです。

L1023443.jpg

お店オーペシェグルマンの前で美人ギャルソンの橋本さんです。

コメント(4)

遅ればせながら、
国立劇場初日、
おめでとうございます。
今月も舞台を拝見できること、
楽しみにしております。
シェフさんの画像、
いい表情を切り取られてますね。
しっかりとした信頼関係がありませんと、
なかなかこういう表情は撮れないと思います。
前景もいいです。
背景の食器とも色目が呼応してます。
ギャルソンさん、
シャツの質感までよくわかる描写。
それにどちらの方も、
べっぴんさんですね。

芝雀さま
2日目に拝見させていただきました。
9月の秀山祭以来でしたので、お喜世が出て来た時は思わず小声で「待ってましたぁ」と言ってしまいました。

おみのが内蔵助に男装してまで忍び込んできた理由を切々と訴える場面、おみののセリフひとつひとつに説得力があり、最終的に内蔵助が下した決断に納得がいきました。ストンと腑に落ちた感があり、このお芝居を初めて理解できた気がいたしました。最後は涙涙涙‥。
いつもですが、昨日もしばらく椅子から立ち上がることができませんでした。
素晴らしいお芝居、ありがとうございました。

風邪が流行っております。おいしいものいっぱい召し上がって千穐楽まで元気にご活躍くださいませ。

12月の公演を楽しみにお待ちしておりました。
観劇はまだ先ですが、ごらんになられた方のコメントを読みながら待ち遠しくて仕方ありません。

寒くなってきましたし、暖かいものでお腹を満たして1ヶ月頑張って下さい。

余談ですが・・新しいパソコンで・しばじゃく・を変換したところ、芝若になりました。ちょっと笑い・・・

元禄忠臣蔵、拝見させていただきました。
お喜世、キリッと芯の通った感じでした。
おみの、大変良かったです。
本当に切切とした心底の吐露。
誠か、偽りか、確かめたいだけ。
思いや心根が客席に波紋のように広がって、
すすり泣きも聞こえてきました。
とてもいい舞台でした。

コメントする

このブログ記事について

このページは、中村芝雀が2011年12月 3日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「葛の葉も後一日」です。

次のブログ記事は「皆既月食」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。