Dec
05

2年ぶりの南座

101129_125638.jpg

11月30日に顔見世興行の初日があきました。
いろいろ有りましたが、お蔭様でたくさんのお客様でにぎわっております。
今月は、初役の鳥辺山心中のお染と寺子屋の戸浪を勤めております。
緊張の毎日ですが、9時すぎに楽屋に入り、寺子屋を終えて14時ころ楽屋をいったんでて、今度は19時頃楽屋に入り、23時前に楽屋を出る生活、、、なにか体内時計が狂ってしまいそうです。長い一日です。

さて、南座にいらした方はご覧になったことがおありかと思いますが、「たけうま」という、お花みたいなものがロビーに並びます。
これは、とても京都らしい光景です。ご贔屓さまや御茶屋さん、芸妓さんや舞妓さんからなど役者に贈られるものです。
華やかです。

101201_134457.jpg

今月の拵えの様子は、少し楽屋が落ち着きましたら、ご紹介させていただきます。
今日あたりから京都も冬らしい寒さになって参りました。皆様もお風邪召しませぬよう、ご自愛くださいませ。

コメント(3)

昨日、舞台を観させていただきました。鳥辺山心中のお染素晴らしかったです。堪能いたしました。34年前初めて見た顔見世での「葛の葉」のあの感動を思い出しました。有難うございます。

毎日の舞台、お疲れ様でございます。
暮れの京都は賑わっていることでしょう。
どうぞお体に気をつけられますように。
1月の演舞場でお姿拝見するのを楽しみにしております。

うわぁ
南座には行ったことありませんので
とても興味深い光景です♪


お正月はとても冷え込むそうです。
お体をご自愛くださいませ。

コメントする

このブログ記事について

このページは、中村芝雀が2010年12月 5日 21:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「伝達式に参りました」です。

次のブログ記事は「鳥辺山心中 初役のお染」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。